本文へスキップ

自分がすき 友だちがすき 町がすきな 宗小の子 Sikisiritu MUNEOKA Elementary School

志木市立宗岡小学校

宗岡小の教育

1 学校教育目標

  「自分がすき、友だちがすき、町がすきな 宗小の子」

全校児童一人一人の「よさ」可能性を伸ばし、感動ある楽しい学校の創造  

  (子どもたち一人一人が主人公、日々の充実から小さな感動を)

2 学校経営方針

 児童・保護者・地域の期待に応える宗岡小の教育
 目指す学校像 「安全・安心できれいな学校」「子供達一人一人の居場所がある学校」

【家庭・地域との連携】

平成29年度より「学校運営協議会」の設置

宗岡第二中学校区学校運営協議会 育てる子供像 「地域を愛し、誇りをもって、地域に貢献できる子供」

 《努力点》

○保護者と学校が心を一つにした児童の育成「PTA活動の充実」

○地域の行事への積極的な参加「子供会・ふれあい祭り・クリーン作戦等」

○「地域で子どもを育てる会」との協働事業

○地域の教育力の活用「体験活動・伝統行事での学校応援団の拡充」

○「おやじの会」との連携

 【目指す児童像】

   地域を愛し、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童

  《努力点》

  ○児童理解に徹し、児童相互及び児童教師間のよりよい人間関係を構築する。

   誉める時は、間髪入れずに誉め、叱る時は、一呼吸おいてから叱る。 

   ・学校生活のあらゆる場面で児童一人一人の素晴らしい「よさ」や可能性を見落とさず的確に捉えて認める。

   ・「わかる言葉」「温かい言葉」「美しい言葉」「心に響く言葉」をかける。

 ・「道徳」「学級活動」の35時間の時数を確実に確保し、指導の充実を図る。

   ・教育相談的手法(カウンセリングマインド)が生かされおもいやりとやさしさに満ちた学級づくりをする。

   ・転入児童や配慮を要する児童への気配り、目配りをする。

   ○体験活動の推進

   ・各教科・領域に計画されている体験学習を創意工夫する。

   ・学校応援団に関わる伝統的な体験活動に取り組む。

   ○健康教育と体力づくりの推進

   ・歯科保健指導の系統的推進を図る。

   ・運動好きの子どもを育成する。(日常的な体力向上を目指す。)

   ・新体力テストの結果より、本校の課題を明確にし、重点的向上を図る。  

 「目指す教職員像」

    教職員一人一人が使命感と実践的指導力(授業力・学級経営力)を持つとともに、お互いに学び合い、
    持てる力や知恵を出し合い、高め合いながら協働していくこと

   ◇学年会の充実 ◇校内研修授業研究の充実 ◇若手研修会の活用

   《努力点》

   ○保護者・教師間の人間関係の構築

    ・毎日が公開日と捉え、保護者に日常の児童の様子を公開する。

    ・学習や行事に保護者の理解と協力を得る。

    ・授業参観や懇談会の内容の充実を図る。(学級懇談会の内容の工夫)

    ・誠実に、先手で対応する。些細なことでも、学年主任、教頭、校長等と相談しながら対応する。

    ・学年だより、学校だより、ホームページを効果的に発行する。

3 本年度の重点

   ○学力向上推進委員会・校内研修の充実

・算数の基礎基本の定着と学力の向上を図る。

・保護者が足を運びたくなる学級懇談会を実施する。

・積極的な学校・授業公開を行う。

   ○コミュニティー・スクールの推進

    ・地域を愛し、清掃活動等自分たちができることで地域に貢献させる。

    ・地域の行事への参加を奨励する。

   ○安全・安心の保障

    ・「相談」→「連絡」→「報告」をこまめにする。

    ・学校事故0を目指す。

・児童の危機回避意識の向上と安全体制を強化する。

○歌声響き、笑顔満開宗岡小学校

 ・「あいさつ」「外遊び」「美しい歌声」


宗岡小の沿革

明治7年7月 実蔵院に創立 宗岡学校と称する 7・8年度 国語科研究(市委嘱)
19年4月 水子村と合併 曙小学校と改称 8年8月 教育相談室改修・設置
22年5月 水子村と分離 宗岡学校と改称 8年11月 雨水流出抑制対策工事、校庭整備完了(自動散水栓設置)
26年4月 宗岡尋常小学校と改称 9・10年度 社会福祉協力校(市指定)
27年1月 現在位置に新校舎竣工 10年3月 「森の学校」完成(学校緑化推進事業完了)
38年4月 高等科併設 宗岡尋常高等小学校と改称 11年2月 コンピュータ設置、生活科「飼育小屋」改修工事完了
昭和16年4月 国民学校令施行により宗岡国民学校と改称 11・12年度 社会福祉協力校(市指定)
19年2月 町村合併により、志紀町立宗岡国民学校と改称 12・13年度 社会福祉協力校(県社福指定)
22年4月 学制改革により、志紀町立宗岡小学校と改称 12年5月 親子ふれあい田んぼ発足
23年4月 町村分離により、宗岡村立宗岡小学校と改称 12年7月 コンピュータ室完備(新機20台設置、エアコン設置)
30年5月 志木町と合併、足立町立宗岡小学校と改称 12年9月 給食新食器(強化磁器導入)調理員休憩室新築、給食室内大工事
35年2月 校章、校旗を新たに定め、校歌を制定 12・13年度 小・中一貫教育研究指定(市教委)
37年9月 給食室(一部木造平屋)81u完成、学校給食開始 13・14年度 社会福祉協力校(市指定)
44・45年度 特別活動の研究(県委嘱) 14・15年度 学力向上実践研究指定
45年5月 校舎新築(鉄筋コンクリート4階建て、東校舎16教室新築) 15年度 学校魅力化推進研究委嘱
大プール・小プール完成 16年度 算数科実践研究
45年10月 市制施行により志木市立宗岡小学校と改称 17年度 生徒指導研究(市研究委嘱)
45年12月 体育館竣工(鉄骨造926u) 18年度 体育館耐震補強工事
48年4月 新校舎落成(鉄筋コンクリート校舎1棟4階建て)宗岡第二小学校分離 プール濾過装置新設
49年7月 開校百年記念行事並びに記念式典(記念碑、記念植樹)       道徳・特別活動研究(市研究委嘱)
52年4月 宗岡第三小学校分離 19年度 特別活動研究(市研究指定)
54年度 国語科研究(市委嘱) 東西校舎耐震補強工事
56年4月 宗岡第四小学校分離        英語活動拠点校(文科省指定)
56・57年度 体育科研究(市委嘱) 20年度       特別活動研究(市研究指定)
57年度 体育科研究(県委嘱) 英語活動拠点校(文科省指定)
60年度 理科研究(市委嘱) 21年度 体育科研究(市研究委嘱)図書室エアコン完備
63年度 算数科研究(市委嘱) 22年度 体育科研究(市研究委嘱)防犯カメラ設置
63年9月 校舎外壁塗装工事(クスノキ壁画) 23〜25年度 算数科研究(市研究委嘱)
平成2〜4年度 社会福祉協力校(県・市指定) 25年度 グランド改修工事
4年9月 休業土曜日(第二)開始 26年12月 校舎大規模改修工事
5年4月 警備保障システム設置 28年3月 給食室改修工事
5年度 算数科研究(市委嘱) 28年8月 体育館フロア改修工事
6〜8年度 社会福祉協力校(県指定) 29〜31年度 算数科研究(市委嘱)
6年11月 開校百二十周年記念式典(正門前花壇設置) 30年2月 プール改修工事
7年4月 休業土曜日(第二・第四)開始 30年9月 コンピュータ室整備(タブレット型パソコン40台)
7年9月 体育館大規模改修工事完了


宗岡小の校歌



contents

志木市立宗岡小学校

〒353-0002
埼玉県志木市中宗岡3-1-1
TEL 048-471-0307

◆バス
[東武東上線 志木駅東口より]
<系統> 志01 志01-2 志05 志80 
<行先>宗岡小学校・秋ヶ瀬橋経由 浦和駅西口 〈宗岡回り〉宗岡循環

[JR浦和駅、JR中浦和駅、JR西浦和駅(新開入口)より]
<系統> 志01 志01-2 志01-3
<行先> いろは橋経由 志木駅東口

〈停留所「宗岡小学校前」下車徒歩1分〉